管清工業株式会社

管清工業株式会社【下水道展’19横浜】

下水道もメンテナンスが必要と目をつけ、管路管理業を始めて57年が経ちました。
そんなパイプのプロとして歩み続けてきた管清工業は
独自開発の機器を中心に、これからの管路管理に欠かせない機器を複数展示しました。

特に注目を集めた管清工業独自開発の機器2種をご紹介します。
φ800以上の下水道管の調査や清掃といった作業は、
人が管の中に入り行うのが主流です。
しかし、管内は有害ガスの充満、突然の増水など危険が多くあります。
そこで当社は作業員の安全確保をしながら調査、清掃を行える
自走式ロボットを開発いたしました。

1)自走式大口径清掃ロボット「グランド・スウィーパー」

下水道管内清掃用ロボットです。
前方にある2本の高圧洗浄ガンで堆積物を粉砕し、
下部の吸引口で吸い込み、排出を繰り返します。
作業員は機器に取り付けたカメラの映像を見ながら
地上で操作をします。
展示会中は水を噴射する姿を披露した他、操作体験を行いました。
また、清掃作業の更なる効率化を求め、連続吸排水装置を開発中。
そちらの模様も映像で紹介しました。

2)自走式大口径調査ロボット「グランドビーバー」

下水道管内の詳細調査を行うロボットです。
4点レーザーを搭載しており、
クラックなどの損傷個所の規模を計測することができます。
展示会中は実機展示の他、
開催地の横浜市内で調査した際の映像を放映しました。

 

出展社名 管清工業株式会社
小間番号 C533
住所 〒 158-0098 東京都世田谷区上用賀1丁目7番3号
TEL 03-5730-2884
FAX 03-5730-2880
公式サイト https://www.kansei-pipe.co.jp/
担当 担当部署:管理本部 広報課
メール:pr-kansei@kansei-pipe.co.jp

PID:7

2019 下水道展’19横浜カテゴリの最新記事